映画響の見どころや内容を感想つきで考察!主題歌やキャスト一覧も

2018年9月14日(金)

欅坂48の不動のセンター、平手友梨奈が主演を演じる

映画『響 -HIBIKI-』が公開されます。

 

2017年、マンガ大賞を受賞した柳本光晴の漫画

「響~小説家になる方法~」の映画化です。

 

ということで気になる見どころや内容を感想つきで考察。

主題歌やキャスト一覧についてもまとめてみました。

 

映画『響 -HIBIKI-』予告

 

スポンサードリンク

 

【響 -HIBIKI-】の映画の内容

SNSやスマートフォンの普及によって活字離れが急速に進んでいました。

その影響を受けた文学の世界は出版不況となっていました。

 

出版不況にあえいでいる文学界にひとりの天才少女が現れます。

彼女の名前は鮎喰響(あくいひびき)でした。

 

15歳の女子高校生であるが書いた小説は圧倒的で絶対的な才能を

感じさせるものであり、文学の世界に革命を引き起こす力を持っていました。

 

文芸誌「木蓮」編集者である花井ふみとの出会いによって、

響は瞬く間に世間からの注目を浴びることになりました。

 

しかし、天才少女である響は普通ではありませんでした。

響は自分の信じる生き方を絶対に曲げません。

そして世間の常識にとらわれることや建前をかざして生きている人々のごまかしが

許せないのです。

 

そのような響きが取る行動はやがて生きることに挫折した売れない小説家、

過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者など、

彼女の周りにいる多くの人々に今までにないほどの影響を与え、

価値観をも変え始めていきます。

 

一方、響が書いた小説は直木賞と芥川賞にダブルでノミネートという

歴史的な快挙にまで発展していきます。

 

圧倒的才能を前にした人々の葛藤を天才小説家を軸に物語は進んでいきます。

 

 

【響 -HIBIKI-】の見どころ!

見どころは文学の世界に現れた天才少女の鮎喰響を軸にして、

圧倒的な才能を目の前にした人々の姿です。

 

急速な活字離れが進んだことにより出版不況にあえいでいた文学の世界。

そのような時に15歳の女子高校生の響が現れます。

 

彼女は女子高校生でありながら、圧倒的で絶対的な才能を感じさせる小説を

書いた天才少女だったのです。

 

そのような彼女ですが、自分が信じる生き方は絶体に曲げません。

建前をかざして生きる人たちのごまかしを許せず、

世間の常識にとらわれることも許せないのです。

 

響の周りにはスクープを取ることに欲を出す記者、

生きることに挫折した売れない小説家、

過去の栄光にすがる有名作家がいます。

 

天才少女の響が取る予測が不可能で前代未聞の行動が

彼女の周りにいる人たちにどのような影響を与えていくのかが気になります。

 

また、自身も小説家を目指す女子高校生の祖父江凛夏や響と同じタイミングで

新人賞を受賞して、響に対して挑発的な態度を取る青年である田中康平との

やり取りも気になります。

 

出版不況に苦しむ文学界に現れた天才少女の響がそこに何をもたらしてくのか、

さらに普段は目にすることが多くはない文学界の世界が描かれていくことも注目です。

 

 

【響 -HIBIKI-】のキャストは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本作で鮎喰響を演じるのは平手友梨奈です。

2015年8月に結成された女性アイドルグループ「欅阪46」のメンバー。

本作が映画初出演にして初主演です。

 

2016年のデビューシングル『サイレントマジョリティー』は

初週26万1580枚を売り上げています。

 

デビュー曲から7作目まで欅阪46の圧倒的なセンターとして存在。

その存在感は中高生を中心にして多くの著名人からも支持を集めています。

本作で天才少女をどのように演じていくのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして響と同じタイミングで新人賞を受賞した青年の田中康平を演じるのが

柳楽優弥です。

 

2004年の映画『誰も知らない』で史上最年少にして、

日本人初のカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞しています。

 

2013年の映画『許されざる者』では渡辺謙、柄本明と共演しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、映画「銀魂2」土方十四郎役で出演していて

その演技に注目を浴びていましたね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして芥川賞を狙う青年作家の山本春平を演じているのが小栗旬です。

1998年に『GTO』で連続ドラマに初めてレギュラー出演を果たします。

その後ドラマ、舞台、映画と活躍を続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも「銀魂2」では、坂田銀時役で楽しませてくれました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、響が作品を送る出版社の女性編集者を演じているのは北川景子です。

幅広い演技力を持っています。

大河ドラマ『西郷どん』では薩摩弁を駆使した演技で注目されています。

 

 

【響 -HIBIKI-】の主題歌は?

平手友梨奈のオリジナルソロに決定!

 

続報に期待ですね^^

わかり次第、追記します。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

SNSとスマートフォンの普及により活字離れが急速に進み、

文学界は出版不況にあえいでいました。

 

そのような中に現れたのは天才女子高校生の鮎喰響です。

彼女が書く小説は圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、

文学の世界に革命を引き起こす力を持っていたのです。

 

しかし響は普通ではありませんでした。

自分の信じる生き方を曲げることは絶対になく、世間の常識に囚われること、

建前をかざして生きる人々のごまかしを許すことができないのです。

 

そのような響が取る行動は過去の栄光にすがる有名作家、

スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家

といった彼女の周りにいる者たちに影響を与え、

彼らの価値観さえも変え始めていきます。

 

2017年マンガ大賞を受賞した『響~小説家になる方法~』の

待望の映画化作品です。

 

映画初出演にして初主演を務める平手友梨奈が主人公の響を演じます。

そして北川景子、小栗旬、柳楽優弥、髙嶋政伸といった豪華な俳優陣も出演しています。

 

人は圧倒的な才能を目にした時に何を思い、そして何が変わるのか?

 

天才小説家の響を軸にして、彼女の周りにいる人々の心の葛藤を描き出していく

予測不能で前代未聞の人間ドラマです。

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ