事故物件恐い間取り(映画)をパカパカマンションは出る?原作元ネタ物件についても

 

映画『事故物件恐い間取り』が、2020年8月28日(金)に公開されます。

 

芸人の松原タニシさんが実際に事故物件に住み、その体験が書籍化されました。

元ネタが実話だということでその説得力もかなりなもの。

 

そして今回、その書籍を『リング』『スマホを落としただけなのに』『貞子』

の中田秀夫監督の手によって映画化されたということで注目されています。

 

ということで今回は、原作に登場する『パカパカマンション』についての詳細や

映画『事故物件恐い間取り』に登場するのか?についてもまとめました。

 

 

映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)のあらすじ

 

ある日、山野ヤマメは、先輩芸人のひと言で芸人人生が変わることに。

先輩芸人は山野ヤマメに信じられない話をもちかけてきたのです。

 

その内容とは事故物件に住んでみろというもので、もしも幽霊を撮影できたらギャラ

をやるとのことでした。

 

事故物件とは、自殺、他殺、孤独死など、何らかの理由でそこで人が亡くなっている

いわくつきの物件のことで、普通ならそんな話しに応じることなど考えられません。

 

ところが山野ヤマメは、当時、全く仕事がない若手芸人で人気も欲しかったが、何より

テレビに出たかったので、藁にもすがる思いでこの難題に取り組むことを決意する。

 

また事故物件だったら、おそらく家賃も安くて済むと考えていました。

 

そして実際に事故物件に住み始めた山野ヤマメ。当初、異常なものを感じなかった

山野ヤマメでしたが、やがて彼に異変が襲いかかります。

 

毎日毎晩部屋に定点カメラを設置してその様子を撮影し、何か映ってないか?違和感

などないか?などチェックしていた。

 

すると奇妙な白い光が映り込んだり、不思議な音が聞こえるなど、異常な現象を撮る

ことに成功する。

 

やがて事故物件の効果もあり、山野ヤマメは念願のテレビ出演もできるようになり、

『事故物件住みます芸人』という今までにないポジションで有名になっていきます。

 

それからというものネタ欲しさに、次々と事故物件を探しては引っ越すということを

続けていくことになります。そしてその都度、不可解な現象を体験する。

 

やがてそんな山野ヤマメに考えられないことが起こります。

 

 

 

事故物件恐い間取り(映画)の見どころ

 

なんと言っても、その事故物件の多さです。

事故物件が多いということは、それだけエピソードも多いということ。

 

実際タニシさんが体験した、異常現象だけでもかなり恐怖を感じるところもあって

そのどれもが見どころと言えるでしょう。

 

果たしてどの事故物件が映画に登場するのか?気になるところです。

 

映画『事故物件恐い間取り』は、芸人の松原タニシさんのノンフィクションが原作。

 

松原タニシさんは、原作の『事故物件怪談 恐い間取り』をはじめ、『異界探訪記

恐い旅』など、共著も含め、多数の怪談系の書籍を出版してきました。それだけに

映画『事故物件恐い間取り』にも期待できるでしょう。

 

そんな映画『事故物件恐い間取り』は、『リング』『仄暗い水の底から』『貞子』

などを手掛けた中田秀夫監督作品。また主人公の山野ヤマメを演じるのは、

KAT-TUNのメンバーであり、俳優としても『ジョーカー・ゲーム』『PとJK』などの

映画に出演している亀梨和也さん。

 

このように異色の芸人、ホラーの名匠、そして人気俳優に彩られた映画『事故物件

恐い間取り』は見どころ満載です。

 

 

 

パカパカマンションとは?

 

映画『事故物件恐い間取り』の原作には、松原タニシさん実際に住んで体験したと

いう、にわかには信じられないような現象が、数多く掲載されています。

 

気絶してしまった、頭痛に見舞われた、部屋に住んでいた殺人犯が帰ってきた、

車に轢かれた、など、ざっと上げるだけでも気味悪いものばかり。

 

そん中でも今回ご紹介する『パカパカマンション』もかなり気味悪い内容です。

さてどんなものなのか見ていきましょう。

 

パカパカマンションは、松原タニシさんが借りようと思ったものの、実現しなかった

物件とのこと。原作では『間違えた物件』として紹介されています。

 

不動産屋曰く『大阪事故物件二大巨頭』と呼ばれている物件で、その二つの物件では、

全国的にもニュースになった凶悪事件が起きていて不動産界隈では「いわくつき」の

代名詞になっているようです。

 

1つ目は、その部屋で殺人事件が起き、犯行後、犯人が放火した大阪のマンションで

事件後、住人が一斉に退居したと言うもの。そしてもう一つが、子供の死体遺棄事件

があったという今回ご紹介するマンション『Sマンション』です。

 

しかしこの物件には、興味深いエピソードがあります。

 

 

Sマンションのエピソード

 

事件が起きたのは、303号室。その辺りの家賃相場が60,000~70,000円ほど。しかし

その303号室は、23,000円と言う安さで入居者募集の案内がされているが、実際には

その部屋は貸し出されていない。

 

またその部屋の真下に住んでいた方は、毎晩、子供の泣き声や足音が聞こえるという。

そしてポストをパカパカされるということ。

 

そこがいわくつきの物件でなければ、単純に子供のいたずらで済みそうですが、この

様な事件があったということでかなり気味悪い感じがします。

 

そしてタニシは、その部屋の隣、304号室に済む芸人Kさんがいるとの情報を得て、

紹介してもらう。その芸人Kには、霊感もなく、事故物件の隣の部屋だということも

あり何も起きないと言われたが、近々、引っ越しするということで、その後を紹介して

もらう約束を取り付けた。

 

それから数ヶ月後、半ば諦めていたところに、芸人Kから連絡が入り、今月いっぱいで

引っ越しするとの連絡を受ける。ところが話を聞いてみると、その部屋には先客がいて

紹介出来ないと、断りの連絡だった。

 

しかしこの時、すでに現在住んでいるマンションの退居日程を決めていたタニシは、

仕方なく、手当たり次第に物件探しを行った。

 

そこで偶然にも『Sマンション』の募集を見つける。

 

それが『Sマンション』203号室。通称『パカパカマンション』事件現場の真下の部屋

だった。タニシは内見もせず、契約する。

 

そして後輩芸人と引っ越しをするが、そこでようやくこの物件の真実が分かる。

実はこのマンションは実際事件が起きたマンションの住所ではないことが発覚。

 

事件が起きたマンションの正式名称は『SマンションⅡ』で『Ⅱ』がつく。

そしてタニシが引っ越したマンションは『SマンションⅠ』『Ⅰ』だった。

当然、幽霊どころか事件すら起きていない。

 

タニシは何も関係ないただのオシャレなマンションに引っ越したということで

『間違えた物件』ということで掲載されている。

 

そんなある日、タニシはマネージャーからの電話を受ける。

「あれ、引っ越しました?」と言う電話だった。

 

タニシは引っ越しのことを事務所に言ってなかったので、なぜ分ったのか聞いてみると

「タニシさんに電話をかけるといつも変な声が聞こえてくるので、マネージャー陣は、

電話するのを嫌がってたんですよ。でも今日は変な声が聞こえないなと思いまして、

もしかしたら今いる場所は事故物件じゃないのかと・・・。」言われたようです。

 

それほどの差があるなら、普通の物件に住んでみるのもアリかも。

と思ったそうです。

 

そして事故物件の間違いから1年後、芸人Kは、1週間前に自殺したと知らされた。

 

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)でパカパカマンションは出る?

 

さて間違い物件はさておき、かなり気味悪い『パカパカマンション

映画『事故物件恐い間取り』には登場するのでしょうか?

 

パカパカマンションも他の物件同様、今のところ登場の有無については不明です。

 

ところが映画『事故物件恐い間取り』は、内容的にも当然、原作のエピソードが踏襲

されるものとみられます。

 

時間の都合等でカットされてしまうネタもあるでしょうが、どの物件が登場しても

かなりの恐怖を味わえる話しで、そこへ中田秀夫監督の演出と豪華俳優陣の演技が

加わるということで楽しみでしかありません。

 

 

こちらも合わせてご覧ください

 

 

 

まとめ

これまでのホラー映画とはひと味もふた味も違う、映画『事故物件恐い間取り』。

どんな作品に仕上がるというのか、楽しみですね。

 

公開は、2020年8月28日(金)

味わえるその恐怖は尋常ではなさそうですから要注意です。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ