事故物件恐い間取り(映画)体力が回復しない部屋は登場する?元ネタ物件についても

 

映画『事故物件恐い間取り』2020年8月28日(金)に公開されます。

 

自殺、他殺、孤独死など何らかの理由でそこで人が亡くなったいわくつきの物件、

いわゆる事故物件に住む『事故物件住みます芸人』松原タニシさんのベストセラー

ノンフィクション「事故物件恐い間取り」を映画化した異色ホラー作品。

 

どのように映像化されているのか?気になるところです。

 

さてそんな映画『事故物件恐い間取り』元ネタをネタバレということで原作に登場

する『体力が回復しない部屋』は、映画『事故物件恐い間取り』でも登場するのか?

について調べました。

 

 

映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)のあらすじ

 

若手お笑い芸人・山野ヤマメは、全く仕事がなく、さえない日々を送って来ました。

ところが、そんな山野ヤマメに転機が訪れることになります。それは先輩芸人から、

ある提案がされたことがすべての発端でした。

 

あるテレビ番組の「事故物件で幽霊を撮影できたらギャラがもらえる」という企画で

部屋に定点カメラを設置して毎日毎晩撮影するというもの。

 

その結果、撮影した映像には奇妙な白い光が写り込んだり、不気味な音が聞こえたり

と不思議な現象を撮ることに成功する。

 

これをいいことにその先輩芸人は、事故物件に住んでみるように提案。

そして撮影を続ければ、テレビにも出演させるとのことでした。

 

受け入れがたいこの提案に当時仕事がなかった山野ヤマメは、テレビに出たいという

一心で藁をも掴む思いで挑んだのです。またその背景には、事故物件であれば家賃が

安いのではないかという考えもあった。

 

やがてネタ欲しさに約1年毎に、事故物件を転々と移り住み撮影をつづけることに。

当初、別段、おかしいと思うようなことはなかったのですが、次第に事故物件の異常

さをいやでも思い知らされることになるのでした。

 

ところが事故物件の怖さはとは別に、お笑い芸人として上向きになっていくことに

なります。テレビ出演の仕事も入いるようになり、また「事故物件住みますお芸人」

ということで、社会的な認知度もアップしていった。

 

当然、事故物件も様々で、その体験する不可解な現象も多様なものになっていきます。

そしてこういったことを繰り返すうちに常識では、考えられない様な恐ろしい体験を

することになっていくのでした。

 

 

 

事故物件恐い間取り(映画)の見どころ

 

映画『事故物件恐い間取り』は、事故物件住みます芸人・松原タニシさんの

ノンフィクションが原作。実話だということもあり、その内容もかなり刺激的で

説得力もかなりなもの。

 

因みに松原タニシさんは、2018年に原作の『事故物件怪談恐い間取り』を刊行した

のを皮切りに、2019年には『異界探訪記 恐い旅』も刊行。この他、共著として、

2018年には『現代怪談地獄めぐり』も刊行していました。

 

映画『事故物件恐い間取り』でメガホンを取るのは、これまでに日本のホラーブーム

をけん引してきた中田秀夫監督。

 

『リング』シリーズをはじめ『仄暗い水の底から』『スマホを落としただけなのに

貞子』など、誰もが知る傑作を放ってきましたから、その期待度は大きい。

 

さらに主人公の山野ヤマメ役は亀梨和也さん。松原タニシさん実物とかなりかけ離れて

いるとネットでは騒がれていますが、ビジュアルは置いておいて『ジョーカー・ゲーム』

『PとJK』『美しい星』など、映画やTVドラマなど出演実績も豊富だということで、

どのように演じてくれるのか、見どころと言えます。

 

そして原作には、数多くの事故物件が登場しますが、今作ではどの事故物件が登場

するのかも見どころでどんな恐怖を魅せてくれるのかも見どころです。

 

また事故物件になった背景(事件や場所など)も見どころと言えるでしょう。

 

 

 

事故物件恐い間取り(映画)体力が回復しない部屋とは?

 

関西にある、3DKで家賃30,000円の物件。60代男性、自殺。

 

80歳を越えた父親の介護をしていて、父親が亡くなった後、その後を追うように

位牌の前で首を吊る。仏壇から伸びた紐が首に括り付けてあり、尻もちをついた

状態で発見され、首がダラーと伸びきっていた。

 

室内はヘビースモーカーだったのか、壁のシミが酷く、床は土足でないと歩けない

ほど汚れ、台所は油まみれ。キッチンの壁の額縁の跡が気になる。

 

そして契約時に、この場所が絶対にばれないようにと、初めて『確認書』という

ものにサインさせられたそうです。つまりバレたら即退去ということ。

 

 

生活してみて感じたことが『体力が回復しない』ということ。

誰もがこの部屋で寝ると起きた時に全く元気になっていない。

 

またインタネット配信番組で部屋から中継したとき「壁に黒い影が通り過ぎた」

と視聴者からコメントが多数寄せられ、その影が「死神」のようだったという。

 

そしてその影が現れた場所は、前住人が首を吊った仏壇が置かれていた場所。

 

この部屋は、特に何かが起こる(オーブが飛んだり、奇妙な音がする)というわけ

ではなく、寿命が刻一刻と吸い取られるような倦怠感を部屋を訪れた誰もが感じる

部屋だった。

 

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)の体力が回復しない部屋は登場する?

 

映画『事故物件恐い間取り』の原作には、松原タニシさんが経験した多数の事故物件

や異常現象が登場します。

 

先に解説したように「体力が回復しない部屋」というものもあるのですが、

映画『事故物件恐い間取り』には登場するのでしょうか?

 

しかし残念ながら、これを含め、どれだけの事故物件や異常現象が登場するのか、

詳細は今のところ不明でした。

 

予告編からすると、不動産屋の横水純子(江口のりこ)から事故物件を3部屋紹介

されているところから、原作では事故物件2に当たる「息子が母親を殺害した部屋」

であることが分かります。

 

そしてヤマメの相方役の中井大佐(瀬戸康史)から「昨日、変な留守電いれたやろ」

と言われているところから「息子が母親を殺害した部屋」は登場すること決定です。

 

次に制作会社プロデューサー役の木下ほうかさんが「そこ住んで心霊映像撮れたら、

新コーナー作ったるから」と約束し、その後、心霊映像が撮れているところから、

原作の事故物件1であること分かる、ということでこれも登場します。

 

この後の予告編からでは「体力が回復しない部屋」が登場すのかどうかは、確認

できませんでした。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

 

まとめ

映画『事故物件恐い間取り』は、これまでに多数のホラー作品を生み出してきた

中田秀夫監督にとっても新境地と言えるかもしれません。また主役の山野ヤマメ

を演じた亀梨和也さんにとっても同じことでしょう。

 

公開は、2020年8月28日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ