事故物件恐い間取り(映画)あらすじ結末をネタバレ!元ネタのsマンションについても

 

映画『事故物件恐い間取り』2020年8月28日(金)に公開されます。

 

夏といえばホラー映画ということではないですが、事故物件住みます芸人・

松原タニシさんのベストセラーノンフィクション書籍の映画化ということで

話題です。

 

ということで、映画『事故物件恐い間取り』のあらすじや結末、見どころをネタバレ、

また元ネタとなったSマンションについてもまとめました。

 

 

映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)のあらすじ

 

ブレイクできないお笑い芸人・山野ヤマメはある日、先輩芸人から無茶ぶりされる。

 

なんとそれは、殺人・自殺・火災などによる死亡事故があったいわくつきの部屋・

事故物件に住んでみるというもの。またそれを番組の企画としテレビに出演させる

とのことだった。

 

山野ヤマメはテレビに出たかったこと、そして家賃が低額ということから、きわめて

安易ながらも、事故物件に引っ越すことに。

 

山野ヤマメが入居した事故物件は、パッと見では、異常な感じはしません。

ところが室内を撮影してみると、すぐに異常だったということが判明します。

 

映像を確認してみると、なにか得体のしれない白い物体が映っていたほか、奇妙な音

が鳴るなどといったことが確認された。

 

その一方で、山野ヤマメはテレビに出演できるようにもなり、事故物件に住むお笑い

芸人として注目の的に。そこで山野ヤマメは、新しい事故物件を探し次々に事故物件

に移り住んでいくようになります。

 

そしてその都度、異常な現象に遭遇するなど、怖い思いもしますが、ようやくお笑い

芸人としてブレイクすることになりました。

 

ところが話は、まだまだこれで終わりというわけではなかったのです・・・。

 

 

 

事故物件恐い間取り(映画)の見どころ

 

映画『事故物件恐い間取り』は、これまでホラーファンを恐怖のどん底に陥れてきた、

映画『リング』でお馴染みの中田秀夫監督の最新作ということで、実話ならではの

怖さが半減するというところをどのように演出してくれているのか、見どころです。

 

また松原タニシさんは、事故物件に住む際、定点カメラを設置していますが、今作

でもそれを忠実に再現していて、少し荒い映像で奇妙な音や影などが映り込むなど

ドキュメンタリー作品のような仕上がりになっているようです。

 

そしてキャストも見どころの一つ。

今作では、売れないお笑い芸人の山野ヤマメ役をKAT-TUNの亀梨和也さんが務めます。

 

亀梨和也さんは映画『PとJK』、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』など、実績多数

ですので、かなりのビジュアルの差をどう魅せてくれるのか見どころ。

 

木下ほうかさん、江川のりこさん、高田純次さん、小手伸也さん、MEGUMIさん

といった個性派俳優陣に加え、クロちゃん、有野晋哉さん、濱口優さんといった芸人

も登場するということで、どのように演じてくれるのか見どころです。

 

そして原作では、エピソードとしてそれぞれの事故物件のいわくや実際に起きた現象

を紹介する形で書かれていますが、映画『事故物件恐い間取り』では、どのエピソード

が描かれているのかも見どころです。

 

 

 

事故物件恐い間取り(映画)結末をネタバレ

 

映画『事故物件恐い間取り』の結末も気になります。さてどうなるのか?

松原タニシさん原作を見てみましょう。

 

山野ヤマメが事故物件に住むようになってから、1週間が経ったある日、そんな彼に

早速、とんでもない事件が襲いかかりました。なんとそれは、自分が住んでいた事故

物件の前で「ひき逃げ」されたのです。自転車に乗っていたところを車にはねられて

しまいました。

 

また彼を襲った災難は、これだけではありませんでした。

 

事故物件への引っ越しを手伝ってくれていた仲間たちも、同時刻にひき逃げに遭って

いたというのです。

 

松原タニシさんは事故物件に実際に住んでみて、怪奇現象や心霊現象を体感することで

死ぬことに対して、強い恐怖を感じるようになったそうです。

 

死というものを身近に感じることにより、かえって自分が生きているということを強く

実感できると考えるようになった。

 

現状ではどのエピソードが登場するのか、分かりませんが、どのエピソードでも、

書籍ではない、映像での恐怖が加わりますので、より恐怖を感じることができるの

ではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

事故物件恐い間取り(映画)元ネタのSマンションとは?

※Sマンションの室内ではありません。

 

映画『事故物件恐い間取り』の原作の同名ノンフィクションには、あるマンション

が登場します。「Sマンション」とされていますが、どういうものか気になります。

 

「Sマンション」は、大阪市浪速区のマンションで実際に凶悪事件の舞台となった、

いわくつきの物件。治安はさほど良くはないが、交通の便も良くミナミで夜の仕事

に携わる人たちが多く住む場所で地方から大阪に出てきた若者が一人暮らしする

のに適している地域ではある。

 

10階建てで上層階部分(8階から10階)だけが黒く、その上層階は違法建築で建増し

された部分で問題が発覚した後は、閉鎖されている。

 

 

⇒ Sマンション

事件は401号室で起きているが、501号に変えられている?

 

 

事件は、飲食店店員の姉妹を殺害したうえに放火したというもの。なお犯人はすでに

死刑が執行されています。またこの事件によって、当時の住人の大半は退去している。

 

あまりにも酷い事件だっただけに、新たな入居者もいなくて、全室の家賃を下げた。

ところがこのSマンションには、事件が起きる前からいわく付きだったよう。

 

「幽霊が出る物件」として不動産界隈では有名で自殺も度々あり、女性の霊の目撃

情報がよくあったようです。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『事故物件恐い間取り』はかなりの恐怖を味わえそうな作品のようです。

なんといっても原作がノンフィクションというところが興味深い。

 

公開は、2020年8月28日(金)

久しぶりに本物の恐怖を味わえそうですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ