人数の町(映画)の予告編で流れる曲は?主題歌や挿入歌についても

 

映画『人数の町』2020年9月4日(金)に公開されます。

 

タイトルからは、その内容がどういうものなのか想像できませんが、かなり独創的

なストーリーとなっている。また出演者も魅力的な俳優陣が揃い注目されています。

 

ということで今回は、映画『人数の町』の予告編で流れる曲、主題歌や挿入歌

についてまとめました。

 

 

『人数の町』60秒予告編

 

スポンサードリンク

 

人数の町(映画)あらすじ(内容)

 

本作は、2017年に発表された『第1回木下グループ新人監督賞』で241本の中から

準グランプリに選ばれた作品。監督・脚本をダウンタウンの松本人志が出演した

「バイトするならタウンワーク」のフレーズでお馴染みのCMやMVなど数多く

手掛ける荒木伸二が務めた。

 

蒼山は、借金取りから追われる日々を過ごす、意志が弱く世の中に居場所がない男。

 

そんなある日、借金取りから暴力を受けていた蒼山を髭面の黄色いつなぎを着た

謎の男に助けれ「居場所を用意してやる」と怪しい話を持ち掛けられる。

 

それはとある町の住人となることで、きちんと生活することができるというもの。

蒼山のことを「デュード」と呼ぶその男に誘われ、ある奇妙な町に辿り着いた。

 

奇妙な町の住人は黄色いつなぎを着た「チューター」たちに管理され、町の住人たち

は「デュード」と呼ばれ、自由と友愛の印のパーカーを着せられ、1人1人番号が付け

られていた。またその町で暮らしていくために必要だというバイブル(黄色?)を

読むよう指示され、そして首には、チップのようなものが埋め込まれることに。

 

町の住人たちは、単純労働と引き換えに衣食住が保証され、町の社交場「プール」

でつながった者同士で性的な欲求も満たし放題という、一見すると魅力的な生活を

送っていた。またネットへの書き込み、別人を装っての選挙投票など。何の説明や

理由を明かされず、そして住人たちも深く考えず、それらを労働として受け入れ、

時は過ぎていく。

 

そんな中、蒼山は妹を探すために町にやって来たという紅子という女性と出会う。

ところがその後、蒼山はこの町は足を踏み入れたら最後、出たり入ったりすること

はできるものの、離れることはできないということを知ります。

 

蒼山はこの奇妙な町で出会った人々と交流を持っていくうちに、なぜこんなことに

なっているのか?全ての欲望が肯定される町の秘密に挑んでいく。

 

そして町から離れようと試みるが・・・。

 

 

 

人数の町(映画)予告編で流れる曲は?

Howling at the Moon – D Fine Us

 

 

かなり独特な世界観を持った作風の映画『人数の町』。ミステリーともファンタジー

ともドラマとも言え、ジャンル分けが難しい作品。

 

さて映画といえば、ストーリーも重要ですが、流れる音楽も重要ですね。

 

映画『人数の町』の予告編は、不気味な雰囲気で町の異様さがとても上手く描かれ

ています。この予告編で流れる曲が世界観ととても合っていて、気になりました。

そこで調べてみましたが、不明でした。

 

が!!

みやさんから教えていただきましたので掲載しておきます。

ありがとうございました^^

 

 

 

 

人数の町(映画)の主題歌や挿入歌は?

 

それでは映画『人数の町』の主題歌や挿入歌とは、どのアーティストの何という曲

なのか?しかしあいにくこちらも明らかになっておりません。

 

映画『人数の町』の音楽プロデューサーは、緑川徹さんとのこと。

緑川徹さんはこれまでに『茶の味』『紙の月』『百瀬、こっちを向いて。』

『暗黒女子』『美しい星』『ハルチカ』『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

といった映画で活躍しています。実績があるだけに期待です。

 

情報が入り次第、追記します。

 

 

スポンサードリンク

 

人数の町(映画)の見どころ

 

映画『人数の町』は、荒木伸二監督にとっては長編映画デビュー作だということで

その世界観をどのように表現し、魅せてくれるのか見どころです。

 

また映画『人数の町』のキャストも豪華。蒼山役は『孤狼の血』『台風家族

屍人荘の殺人』『影裏』『水曜日が消えた』などに出演した中村倫也さんが務めた。

 

そして紅子役に『泣き虫しょったんの奇跡』『生きてるだけで、愛。』『いちごの唄』

楽園』に出演した石橋静河さんが務める。

 

カメレオン俳優と言われながら主演は少ない、中村倫也さんの演技が見どころ

です。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

独特な世界観でかなり変わった内容の本作、いったいどのような結末を向かえるのか?

気になるところ満載。また荒木伸二監督・脚本ということで原作がないということで、

情報も少ないところも興味を惹かれる要因かも。

 

町の秘密とは?

蒼山や紅子は町から離れることはできるのか?

気になるところ満載です!

 

公開は、2020年9月4日(金)

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




2 Responses to “人数の町(映画)の予告編で流れる曲は?主題歌や挿入歌についても”

  1. みや より:

    ゆうすけ さん
    こんにちは。予告編で使われている曲は、D Fine UsのHowling at the moonという曲だと思われます。
    ご確認の上、もしよろしければ記事をアプデしていただければ幸いです:)

    • ゆうすけ より:

      みやさん、はじめまして。
      ご訪問ならびにご指摘ありがとうございます。

      早速、確認の上、掲載させていただきます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ