モンスターハンター(映画)で山崎紘菜が配役された理由は?経歴や出演作品から考察!

 

映画『モンスターハンター』2020年9月4日(金)に公開されます。

超人気ゲームのハリウッド版実写映画化ということで、その期待度はかなりなもの。

 

またキャストには、ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ”T.I.”ハリス、

ロン・パールマンといった顔ぶれ。そんなな中、山崎紘菜さんがハリウッド初出演する

ということで、注目されています。

 

ということで今回は、映画『モンスターハンター』に出演する山崎紘菜さんが配役された

理由を経歴、出演作品から考察しました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

モンスターハンター(映画)で山崎紘菜の役どころ

 

映画『モンスターハンター』は、原作ファンに関わらず、あらゆる方面からの熱い

視線を集めている、

 

そんな中、日本人として唯一配役されている山崎紘菜さんが気になります。

山崎紘菜さんが演じる役どころとはいったい、どのようなものなのか?

 

 

ゲーム版『モンスターハンター』ハンドラー画像

 

山崎紘菜さんが演じるのは、ハンドラー(受付嬢)でモンスターを狩る依頼を受ける

存在。ゲーム版『モンスターハンター』ではハンターズギルドから要請された依頼を

受けることでモンスターを狩るクエストへと挑む。そしてその依頼は受付嬢を通して

行われる。プレイヤーにゲームやステージ、モンスターについて説明する役割を担当。

 

劇中では、国際連合軍がハンターと共にモンスターに挑むが、ハンドラー(受付嬢)は

これを支えていくとのこと。

 

映画『モンスターハンター』での山崎紘菜さんの熱演が楽しみです。

 

 

 

モンスターハンター(映画)山崎紘菜の経歴

それでは、ハンドラー(受付嬢)役を務める山崎紘菜さんの経歴も見ていきましょう。

 

 

山崎紘菜さんは、1994年4月25日、千葉県出身の26歳。

 

東宝「シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞したことで芸能界入りした

山崎紘菜さんは、2012年に『僕等がいた』で映画デビュー。『高校入試』でドラマ

デビューを果たした。以後数多くの映画やドラマに出演。

 

またスポーツ好きとして知られていて、明大ラグビーファンクラブの公式イメージ

キャラクター、全国大学ラグビーフットボール選手権大会のイメージモデルなど、

体育会系の仕事も多数。

 

映画『モンスターハンター』への出演は、2018年に発表され、女優デビューから

8年でハリウッドデビューという、異例ともいえるキャリアとなっています。

 

 

 

山崎紘菜の出演作品

 

山崎紘菜さんがこれまで出演してきた作品は、映画もドラマも誰もが知っている

メジャー作品が多数。

 

映画では『悪の教典』『orange』『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇

しちゃったホントの話〜』『50回目のファーストキス』『検察側の罪人』など。

ドラマでは『カインとアベル』『世にも奇妙な物語』など。

 

また『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』で、洋画の吹き替えも担当。

 

 

 

『山崎紘菜』俳優としての評価

 

山崎紘菜さんは、所属事務所が長澤まさみさんと同じ東宝芸能のため、何かと彼女

と比べられています。因みに長澤まさみさんとは、所属事務所が同じだけではなく、

似てるとも言われているようです。

 

長澤まさみさんをリスペクトしていると言いますが、彼女のようになるのも

そう遠くはないのではないでしょうか。

 

長澤まさみさんも海外を舞台にした映画『コンフィデンスマンJP』などで活躍して

いますが、その一方で早くもハリウッド進出となった。スポーツ好きなこともあり、

アクション映画でのハンドラー(受付嬢)役は妥当だと感じる。さらにキャリアが

築かれることになるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

モンスターハンター(映画)で山崎紘菜が配役された理由を考察

 

映画『モンスターハンター』のハンドラー(受付嬢)役に、山崎紘菜さんが配役

されたのは、なぜだったのでしょうか?

 

先述のように、山崎紘菜さんがスポーツ好きだったことは大きかったとみられます。

また、山崎紘菜さんに対しては、映画『モンスターハンター』のスタッフ、キャスト

からも絶賛の声が出ていました。

 

ポール・W・S・アンダーソン監督は、キャラクターそのものだと感じたと語っていた

ほか、主演のミラ・ジョヴォヴィッチも、ゲームから飛び出してきたみたいと評して

いたほど。ここまでハリウッドで絶賛される若手女優は、日本の映画界でもそうは

いないでしょう。

 

映画『モンスターハンター』のハンドラー(受付嬢)役に、山崎紘菜さんが起用された

のは、必然だったと言えそうです。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

山崎紘菜さんのファンであれば、映画『モンスターハンター』は、欠かせない作品と

なることでしょう。これをキッカケに、国内での活躍も一層顕著になることは必至。

 

2020年は山崎紘菜さんにとって、大いなる飛躍の年となることでしょう。

今後も国内、ハリウッド、双方での活躍が続けば良いですね。

 

映画『モンスターハンター』の公開は、2020年9月4日(金)

公開が待ち遠しいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ