モンスターハンター(映画)はつまらない?ひどいところや評価や感想についても

 

映画『モンスターハンター』2020年9月4日(金)に公開されます。

有名ゲームの実写映画化ということでとても話題になっています。

 

ところがたとえどのような作品であってもそれなりに良い評価も悪い評価もあるのが

当たり前。

 

ということでこの記事では、映画『モンスターハンター』について、つまらない。

実写化に無理がある。ストーリーがひどい。設定がいまいち。といったところを

まとめてみました。

 

※2020年9月4日に公開予定でしたが、北米の公開延期に伴い、2021年に公開延期が

決定しました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

モンスターハンター(映画)あらすじ

 

国際連合軍は、ナタリー・アルテミスによって率いられています。

 

そんな国際連合軍は、巨大な砂嵐を受け気が付くと、至るところにモンスターが

いるという、恐ろしい異世界に飛ばされてしまう。

 

その結果、アルテミスら国際連合軍はモンスターと戦っていくことを余儀なく

されるのでした。彼らは生き残るためハンターと手を組み、元の世界へ戻る方法

を探すことになります。

 

アルテミスら国際連合軍とモンスターたちのバトルが必見。

 

 

 

モンスターハンター(映画)つまらない?

 

映画『モンスターハンター』には、つまらないという評判が見られました。

具体的に、どういったところがダメだというのでしょうか。

 

ゲーム『モンスターハンター』もモンスターを狩っていくというストーリーですから、

根本的な部分は変わっていません。

 

ゲーム『モンスターハンター』は、とても人気になっていますので、これを踏襲する

のであれば、少なくとも、つまらないということはないと考えられます。

 

もちろん鑑賞する方によって、いろんな考え方があろうかとは思いますが、失望する

ようなことは少ないかと思います。

 

 

 

実写化に無理がある?

 

コミックなどを実写映画化する場合には、どうしても原作ファンなど一部の視聴者

から批判をされるものです。

 

そして映画『モンスターハンター』にも、実写化に無理があるのではないか?

という声が。

 

ゲーム『モンスターハンター』は、プレイヤーがハンターとなり、モンスターを狩る

という内容。スケールの大きさゆえに、実写化するには無理があるのではないか

という声があることは、理解できます。

 

しかしそれを言っていたら、世の中の実写映画はみんな成り立たなくなってしまい

ますので、素直に応援したいと思います。批判は、観てから考えましょう^^

 

 

 

 

 

ストーリーがひどい?

 

映画『モンスターハンター』には、ストーリーがひどいという意見も出ている

ようです。

 

ストーリーとは、先ほどご紹介しましたが、本当にひどいのでしょうか?

 

バトル系の作品が苦手だという方にとっては、ひたすら主人公たちがモンスターを

狩っていくという内容には抵抗があるのかもしれません。

 

しかし映画『モンスターハンター』は、原作ゲームの時点で人類がモンスターに

命懸けで挑んでいくというストーリー。そのため、やはりここを批判していたら、

作品自体が否定されることになってしまうのではないでしょうか。

 

まずは温かく見守っていくのが妥当ではないかと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

設定がいまいち?

 

 

最後に映画『モンスターハンター』に対しては、設定がいまいちだという評価も

あったようですので、こちらも確認しておきましょう。

 

ある意味そのとおりで、映画『モンスターハンター』は、設定があまりにも現実離れ

していると言えなくもありません。しかし映画『モンスターハンター』は、主人公の

ナタリー・アルテミス役を、ミラ・ジョヴォヴィッチが演じます。

 

ミラ・ジョヴォヴィッチといえば、映画は『バイオハザード』シリーズがあまりにも

有名ですが、他にも『ジャンヌ・ダルク』や『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチ

の飛行船』などで、アクションはお手のもの、きっと映画『モンスターハンター』

でも、その演技力で観るものを圧倒してくれるに違いありません。

 

少々、設定が規格外であっても、違和感はないのかもしれません。

それよりどのように魅せてくれるのか楽しみでしかありません。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

ということで、今回は、映画『モンスターハンター』について、やや消極的な点から

見てみました。しかし結論から言えば、どれもこれも興味深く、それほど問題はない

どころか、むしろ話題度、注目度は高まること間違いないでしょう。

 

公開、2020年9月4日(金)

壮大な世界観を大画面で味わってみたい。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ