騙し絵の牙(映画)のキャスト予想!小山内役を演じる俳優や役どころについても

 

映画『騙し絵の牙』が、近日公開予定となっています。

 

2020年6月19日(金)に公開されるはずだったものの、新型コロナウイルス影響で

公開未定となっています。塩田武士さんの同名小説が原作、主演は大泉洋さんと

いうことで、公開が楽しみな作品です。

 

期待度&注目度はかなり高くなっていますが、この記事では、本作品に登場する

小山内甫(おさないはじめ)というキャラクターに注目してみました。

 

小山内とは、どのようなキャラクターだったのでしょうか?

 

その役どころ、演じる俳優は誰なのか、出演シーンやセリフはどうなっているのか

といったことも調べてみました。

 

 

映画『騙し絵の牙』予告 近日公開

 

スポンサードリンク

 

騙し絵の牙(映画)の小山内とは?

 

映画『騙し絵の牙』は、出版社で雑誌の編集長をしている速水輝也という男が

主人公。そんな速水は人たらしな性格で、会社では好感度が高いキャラクター。

 

ところが速水は、自身が編集長を務める雑誌が廃刊になる危機に襲われ、

表の顔とは異なった裏の顔(真の顔?)を見せることになります。

 

ところで主人公である速水もさることながら、小山内というキャラクターも、

原作小説ファンからは注目されていました。

 

では、この小山内とは、いったいどのようなキャラクターなのか?

 

小山内は、速水とは同期入社で、速水を唯一気の許せる友人だと思っている。

このように説明するとあまりたいしたキャラクターには見えないかもしれません。

 

しかし、次で取り上げていきますように、速水と同様、小山内もとても興味深い

キャラクターの1人でした。

 

 

 

騙し絵の牙(映画)の小山内の役どころ

 

実は、映画『騙し絵の牙』の詳細は、まだ不明だったため、以下、小山内をはじめ、

キャラクターやストーリーの内容については、原作小説をベースにご紹介していき

ます。

 

さて詳細は後でご紹介しますが、小山内は原作小説において、速水ととても意味深な

やり取りを見せていました。これを見る限り速水と小山内は、腹を割って話すことが

できる、貴重な間柄だと言えるでしょう。

 

しかしここで1つ、注意しておかなければならないことがあります。

 

それは映画『騙し絵の牙』のキャラクターの中に、肝心の小山内の名前がなかった

のです。今後、追加発表される可能性はあるものの今ののところ、発表されている

キャラクターは、速水、高野恵、矢沢聖、城島咲、郡司一、伊庭惟高、柴崎真一、

三村洋一、宮藤和生、謎の男、高野民生、二階堂大作、江波百合子、久谷ありさ、

東松のみで、どこにも小山内は確認できません。

 

では小山内役は誰が演じるのか、キャストから考えてみたいと思います。

 

 

 

騙し絵の牙(映画)の小山内役を演じる俳優は?出演者から予想

 

それでは、映画『騙し絵の牙』で、小山内甫役は、いったい誰が演じることになる

というのか?キャストから考察していきましょう。

 

現在、明らかになっているキャストは、速水輝也役の大泉洋さんのほか、高野恵役の

松岡茉優さん、矢沢聖役の宮沢氷魚さん、城島咲役の池田エライザさん、郡司一役の

斎藤工さん、伊庭惟高役の中村倫也さん、柴崎真一役の坪倉由幸さん、三村洋一役の

和田聰宏さん、宮藤和生役の佐野史郎さん、謎の男役のリリー・フランキーさん、

高野民生役の塚本晋也さん、二階堂大作役の國村隼さん、江波百合子役の木村佳乃さん

久谷ありさ役の小林聡美さん、東松役の佐藤浩市さん。

 

しかしその他に、役名不明の俳優として、女優を除けば、森優作さん、後藤剛範さん

中野英樹さん、山本學さんの名前が。

 

大泉洋さんは、1973年4月3日生まれのため、彼と同期の役となると、このうち年齢が

近いのは、1968年2月15日生まれの中野英樹さんとなります。

 

 

はたして映画『騙し絵の牙』で小山内甫役は、中野英樹さんが演じるのでしょうか?

今のところはっきりしていませんが、おそらく中野さんだと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

騙し絵の牙(映画)の小山内の出演シーンやセリフを原作から考察

 

映画『騙し絵の牙』に小山内甫が登場すると仮定して、シーンやセリフを予想して

みましょう。

 

先述の、原作小説で興味深かった速水と小山内のやり取りとは、タイトルのように、

速水があたかも「騙し絵」のように生きてきた、と言わんばかりのセリフを小山内が

言うというシーンでした。

 

もちろんこれは、小山内自身にも当てはまることなのですが、映画『騙し絵の牙』

で彼が登場するなら、このシーン、セリフは、必ず出てくるものと考えられます。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『騙し絵の牙』は、企業ものでありながら、ミステリー風でもあり、

興味深いところ。

 

はたして、速水がどのような別の顔を見せるのか?またそれをどのように演じ、

映像化されているのか?また今回取り上げたように小山内が登場するのかも、

楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ