欅坂46のアンビバレントMVの撮影場所はどこ?歌詞の意味やセンターは誰?

欅坂46が新曲アンビバレントを8月15日発表されます!

それに伴い7月27日0:00にMVが公開されました。

 

通算7枚目のシングルで2018年7月20日(金)~22日(日)に開催された

「欅共和国 2018」で披露されました。

ということで気になるアンビバレントの意味とPVの撮影場所について

まとめてみました!

 

 

欅坂46 『アンビバレント』

 

スポンサードリンク

 

アンビバレントの歌詞の意味は?

同じ物事に対して、相反する感情を同時に抱くこと。

一人の人物について、好意と嫌悪を同時に持つなどのような場合をいう。

※Weblio 辞書から引用

ということで歌詞を見てみると

 

好きだというなら否定しない

嫌いと言われたって構わない

孤独なまま生きていきたい

だけど1人じゃいられない

など

常に相反する感情が交差しているって感じですね^^

まさしく題名の「アンビバレント」の意味そのままです。

 

 

アンビバレント撮影場所は?

かずさアカデミアホール(木更津)

千葉県木更津市の「かずさアカデミーホール」のメインロビーです。

MVをじっくり確認するとあの階段が目に入ってきました^^

すごく印象的な階段、ホールですね。

 

スポンサードリンク

 

センターは誰?

ここまで快進撃が続く欅坂46ですが

歌もダンスも衣装もかなり注目されていますね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターは7作連続で平手友梨奈

 

しかも2018年9月14日(金)には、平手友梨奈主演、

同名漫画を原作にした映画『響 -HIBIKI-』が公開されます!

 

映画『響 -HIBIKI-』

柳本光晴のコミック「響~小説家になる方法~」を実写化。

突如として文学界に現れた、鮎喰響(平手友梨奈)という15歳の少女を演じる。

 

今後の彼女からますます目が離せない!

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ