糸(映画)と原作・歌詞内容を比較!小説の結末ネタバレについても

 

映画『糸』が、2020年4月24日(金)に公開されます。

 

内容はラブストーリーですが、ある男女の恋模様を実に、数十年近くにも及ぶ

スケールで描いたという、壮大な作品となっています。スタッフやキャストも

超豪華ですし、見どころも多く見逃せません。

 

ということで映画『糸』のあらすじや結末を小説よりネタバレし、見どころ、

そして元ネタとなった楽曲『糸』の歌詞と内容とを比較してみました。

 

 

※新型コロナウイルスの影響で公開延期になりました。

公開日等、情報が入り次第、追記します。

 

※2020年8月21日(金)に公開決定しました。

 

 

映画『糸』予告【8月21日(金)公開】

 

スポンサードリンク

 

糸(映画)のあらすじ

 

高橋漣と園田葵は、共に平成元年生まれ。13歳の時に初めて出会って恋に落ちる。

ところが葵は、義理の父親から受けた虐待が原因で、町から逃げてしまいます。

 

これを知った漣は、なんとか葵を見つけ出すと駆け落ちしてしまいます。

しかし漣と葵はまだ子供だったこともあり、すぐに捕まってしまう。

 

葵は遠くへ引っ越しすることになり、漣と葵は離れ離れになってしまい、それから

8年もの月日が経過します。

 

漣は、チーズ工場で働いていました。ところがある日、漣は友人の結婚式のために

東京に行ったところ、偶然、葵と再会することに。

 

せっかく再会したのにもかかわらず、二人の考えは全く別の方向に向いていました。

漣が地元での生活があったのに対し、葵は海外で活躍したいと考えていたのです。

 

そしてさ更に10年が経ち、平成も最後の31年を迎える中、漣と葵は、3度目の再会を

果たそうとしていたのでした。

 

 

 

糸(映画)小説の結末ネタバレ

 

このように男女の長いすれ違いを描いていた、映画『糸』。

 

原作となる小説はありませんでしたが、脚本を担当した林民夫さんによるノベライズ

が刊行されていました。そこで、この小説から結末をネタバレしていきます。

 

結婚式で再会した葵は、漣にそっけなく水島大介という男性と付き合っていました。

一方、漣もチーズ工場の先輩の桐野香と交際することに。

 

その後、葵は母親に謝ってもらいたくて北海道へ行き、そこで漣と再会します。

2人して葵の母親探しが始まるものの、実は、母親は他界していました。

 

また二人の関係が戻りかけますが、環境の違いもあり、また離れ離れになります。

結局、漣は桐野香と結婚することになり、子供もできました。しかし桐野香はガン

になってしまい、娘が生まれたものの亡くなってしまいます。

 

一方、葵は海外で活躍し、起業することになり、平成最後の日、東京で過ごして

いました。ところが漣も東京にいたのです。こうして2人はまた運命のいたずらに

よって、めぐり逢います。時代はすでに令和に変わっていました。

 

映画『糸』が全くこの通りになるのかどうかは、断言できません。

しかし作者と映画の脚本家が同じですので、その大部分は変わりのなものと考え

られます。

 

 

 

糸(映画)の見どころ

 

映画『糸』は、瀬々敬久監督作品。

 

瀬々敬久監督はこれまでに『64-ロクヨン-』『友罪』『楽園』など、人間ドラマを

描いた作品を数多く放ってきました。それだけに本作のクオリティーもかなり期待

できそうです。

 

またキャストですが、高橋漣役は菅田将暉さん、園田葵役は小松菜奈さん。

こちらも日本の若手俳優を代表する2人ですから、傑作になることは間違いなし。

 

また二人の脇を固める俳優陣も榮倉奈々さん、斎藤工さん、山本美月さん、倍賞美津子

さん、成田凌さん、二階堂ふみさん、高杉真宙さん、馬場ふみかさん、永島敏行さん、

竹原ピストルさん、松重豊さん、山口紗弥加さん、田中美佐子さんとベテランから若手

までと超豪華、その演技も見どころの一つと言えます。

 

なお、菅田将暉さんと小松菜奈さんは、映画『糸』での共演がキッカケで、実際に交際

することになりました。これぞまさしく運命の赤い糸?ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

糸(映画)と原作・歌詞内容を比較

 

映画『糸』の見どころには、中島みゆきさんの名曲「糸」がコンセプトだったという

ことも挙げられます。そこで中島みゆきさんの「糸」の歌詞と映画『糸』を比較して

みましょう。

 

中島みゆきさんの『糸』の歌詞は「私たち」のめぐり逢いについてを描いたもの。

今作はそんな中島みゆきさんの『糸』を基に制作された映画。

 

当然ですが、あらすじを見るだけでも、その全ての内容が中島みゆきさんの『糸』の

歌詞と重なります。

 

なぜめぐり逢うのか、そしていつめぐり逢うのか

なぜ生きてゆくのか、迷った日の跡のささくれ

夢追いかけて走って、ころんだ日の跡のささくれ

 

縦の糸はあなた 横の糸は私

逢うべき糸に出逢えることを

人は 仕合わせと呼びます。

 

漣と葵だけではなく、その周りの人との出会いや関わりが、そのまま重なります。

小説を呼んだのですが、結末がやばかったです。

 

長くかかったな。こんなに周り道をしなければ、人って気づかないものなのか?

どうしようもなかったのか?って・・・。

 

だから感動するのですが^^ってこれくらいにしておきます。

 

 

EXILE ATSUSHIさんカバー

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

菅田将暉さんや小松菜奈さんなど俳優陣のファンの方や中島みゆきさんのファンの方

など、それぞれ楽しめる作品です。映画の世界観、音楽の世界観をそれぞれ楽しみ

ましょう。

 

公開は、2020年4月24日(金)

詳しい発表があり次第、追記します。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ