堀江貴文が主宰のゼロ高等学院まとめ!募集要項や入学金はいくら?

2018年10月に堀江貴文さんを主宰として「ゼロ高等学院」

が開校されるようです。また入学式も10月に静岡県の「ゼロの郷」にて

行われ堀江貴文氏も出席する予定だそうです。

 

ということで募集要項や入学金など気になるところをまとめてみました!

※7月26日追記しました!

 

 

主宰の堀江貴文、顧問の佐渡島庸平(株式会社コルク代表 )、

坪田信貴(坪田塾 代表)、ゼロ高の責任者の内藤賢司氏が出席予定。

 

スポンサードリンク

 

堀江貴文が主宰のゼロ高等学院とは?セロの郷とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

「座学を目的とせず、行動を目的とする」を提唱し

新しい高校(学校教育)の形を発表しました。

 

「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」という発言を機に

様々な有識者、約1,500人のHIU(堀江貴文イノベーション大学校)

のサポートの元、誕生するようです。

 

教育方針は、

「大切なことは自分でわかっていくしかない」

 

 

ゼロ校責任者

内藤賢司氏(SNS educationの代表取締役)

 

顧問

成毛眞氏(元マイクロソフト社長 書評サイトHONZ代表)

佐渡島庸平氏(クリエーターエイジェント業 コルク代表)

森田正康氏(ヒトメディア 代表取締役社長)

坪田信貴氏(ビリギャルの著者・坪田塾の代表)

菅本裕子氏(モテクリエイターゆうこす

 

責任者、顧問に豪華なメンバーが揃っていますね。

このメンバーの元、実際プロとして活躍している方から直接、学べる。

実践的な活動を目的とし、新しい学校を構築するというもの。

 

ゼロの郷とは?

入学式は10月某日に「ゼロの郷」で行うようです。

HIU堀江貴文イノベーション大学

TOKIOの「ダッシュ村」を連想しますね。

「ゼロからのスタート」「ゼロを一にする」ということでしょうか。

 

ゼロの郷は、静岡県の山奥にある村でほぼゼロの状態から作り上げた村で

広さは90坪。車を利用した場合、東京から3時間半、

静岡駅から2時間位の場所にあるようです。

 

 

何が学べるのか?

様々な有識者、約1,500人のHIU(堀江貴文イノベーション大学校)のサポートの元

現活動中のプロジェクトに実際に参加できるというもの。

 

宇宙ロケットの開発・発射、和牛の生産・販売、寿司職人になるための技術や経営、

ファッションやエンジニアリングなど第一線で活躍するプロから直接学ぶことができる。

 

その他、村づくりや、全国にてシェアオフィスづくりなど、

さまざまな分野で進行中の活動を主催もしくは参加できる。

 

既存の高等学校と提携し、在学中にあらゆる社会活動に参加しながら

通信制高校として高校卒業資格も取得することも可能なようです。

※「鹿島山北高等学校(神奈川県)」と連携し

生徒は、鹿島山北にも同時に入学することになる。

3年間で必要単位を取得することで、高校卒業資格を得られるようにする。

 

机上の空論ではなく、実践的な行動を目的としているようです。

 

 

募集要項や入学金は?

詳細は、7月26日の記者会見で明らかになるようですが

現時点で分かっていることは、堀江貴文氏にTwitterで多くの質問が寄せられ

それに回答していますのでそちらをご覧ください。

 

●学費はそんなに高くない
●内申点は関係なし
●お金さえ払えばだれでも通える
●年齢の上限はなし
●編入も可

あとこんな回答も^^

●10月に開校するのは、最速でやりたかったから
●アニオタでも行ける
●HIUとゼロ高等学院では、ゼロ高のほうが教育的要素が強い

 

また「小学校、中学校もやって欲しい」との声に「高校が成功すればやります」

とコメントしている。

※現時点で詳細は、はっきりしておらず、記者会見等で分かり次第、追記します!

※本日7月26日、記者会見で明らかになりましたので追記します。

定員は400人を想定。変更あり

 

新入学の時期は4月と10月の年2回で、

編入・転入生に関しては毎月受け入れる。

 

費用は3年間で108万円(入学金無料キャンペーン中)

別途、教科書代や課外活動費

鹿島山北高校の学費約30万円(3年間)などが必要になる。

 

およそですが、3年間で250万円から300万円ほどでしょうか。

 

 

まとめ

ロケット事業のみならず、いろんな事業を展開する堀江貴文氏の行動力には

脱帽します!

 

また以前から堀江氏は、教育について持論を展開していますね。

なかでも2017年に発行された著書

「すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱学校論」においても述べられています。

今の学校教育は子どもたちが自ら学びたいと思うことを奪っている。

やりたいことのために進路を自ら選ぶ力が必要で進学のための教育に

なっていること。そして今の教育で身につくことは、敷かれたレールに乗る

習慣だと現状を批判している。

 

多くの人が当たり前のように小・中・高へと進学する。そして就職のために

大学に通い、何がしたいか?よりも体裁を整えることに必死で

親もそれが正しいと思い込んでいる。

そんな「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」

始められたゼロ高等学院です。

 

また責任者始め、顧問にいたるまで錚々たるメンバーですが、

これからの時代にマッチした教育を展開してくれそうです。

今後どう発展していくのかとても楽しみです^^

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ