囚われた国家(映画)の原題CAPTIVESTATEの意味とは?ルパート・ワイアットの意図も

 

映画『囚われた国家』2020年4月3日(金)に公開されます。

 

エイリアンに地球が占領されるというSF映画ということで、こういった作品がお好きな

方にとっては、必見と言えそうです。

 

といいうことで、映画『囚われた国家』のあらすじ(内容)や原題『CAPTIVE STATE』

の意味、ルパート・ワイアット監督が原題に込めた意図やメッセージについてまとめ

ました。

 

 

映画『囚われた国家』予告篇|4.3[金]全国公開

 

スポンサードリンク

 

囚われた国家(映画)のあらすじ(内容)

 

映画『囚われた国家』は、2019年に公開されたルパート・ワイアット監督作品。

主演はジョン・グッドマン。共演者は、ヴェラ・ファーミガ、アシュトン・サンダース

ジョナサン・メジャース、アラン・ラックさん、ケヴィン・ダンなど。

 

舞台となるのは、2019年のシカゴ。エイリアンによって占領されてしまった地球。

地球はエイリアンによって支配されていて、シカゴは戒厳令の下にありました。

 

ガブリエル・ドラモンドとレイフ・ドラモンドは、両親と共に逃げようとして、

エイリアンに発見されてしまう。エイリアンは、ガブリエルとレイフだけを許し、

両親は殺してしまいます。

 

それから8年が経った、2027年になった地球では、まだエイリアンによる支配が続いて

いました。しかし人類もだまっているわけではなく、エイリアンを倒そうとする人々も

隠れながら活動していたのです。

 

両親をエイリアンに殺されてしまったガブリエルは大人になり、エイリアンを倒すため

密かに活動していました。ところがそんなガブリエルをシカゴ市警のウィリアム・マリ

ガンが見張っていました。ウィリアムは、ガブリエルのようなエイリアンに立ち向かお

うとするレジスタンスたちのことを快く思っていなかったのです。

 

ガブリエルは両親の敵を討てるのか?ウィリアムの動向は?いったいどのような結末を

迎えるのか?気になるところ満載です。

 

 

 

囚われた国家(映画)の原題CAPTIVE STATEの意味とは?

 

映画『囚われた国家』の原題は『CAPTIVE STATE』ですが、いったいどのような意味

なのか?気になります。

 

まず「CAPTIVE」には、「捕虜になった」という意味があります。

そして「STATE」には、「国家」という意味。その他「州」「状態」「段階」「興奮」

「地位」「威厳」などといった意味も。

 

これらを総合すると邦題と同じく、「囚われた国家」という意味で問題ないと言える

でしょう。そのまんまということですね。

 

 

 

原題CAPTIVESTATEに込めたルパート・ワイアット監督の意図とは?

 

映画『囚われた国家』は、ルパート・ワイアット監督作品ですが、原題に込めた意図

とは、何だったのでしょうか。「囚われた国家」とは、文字通りエイリアンによって

支配された地球(のアメリカ)を意味していたものとみられます。

 

そのうえで「人類がエイリアンに立ち向かっていく」という意図になるでしょう。

ただし「囚われた星」ではなく「囚われた国家」にしたのは、アメリカ人たちの団結

を強調したかったのかもしれません。

 

また公式サイトでも「これは、起こりうる未来の”警告”だ」あるようにルパート・

ワイアット監督による警告を意図してるのかもしれません。

 

若しくは、我々はすでにエイリアンではなく、誰かに、また見えない檻の中に、

囚われているのかもしれないという意図が隠されているのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

原題CAPTIVESTATEに込めたルパート・ワイアット監督のメッセージとは?

 

ルパート・ワイアット監督が、映画『囚われた国家』の原題に込めたメッセージも

考察しました。今のところルパート・ワイアット監督のメッセージ自体は不明ですが

過去の作品を見てみると、原題については、わりとシンプルなものが多いようです。

 

こういったことからも、近い未来起こりうるであろう現実にどう立ち向かうのか?

そしてどちら側につくのか?エイリアン側?レジスタンス側?

 

シカゴ市警のウィリアム・マリガンのようにエイリアン側につくのか?

それともガブリエルのようにレジスタンス側につくのか?

 

どちらを選ぶのか、しっかり考えろというルパート・ワイアット監督のメッセージ

のように感じる。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

壮大なスケールとアクションで観るものを圧倒する、映画『囚われた国家』。

近い将来を暗示するかのような物語に釘付けになるはず。

 

公開は、2020年4月3日(金)

また見逃せない作品の登場です!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ