機動戦士ガンダムの実写映画のキャストの配役は誰?内容をネタバレ

あの大人気アニメの機動戦士ガンダムハリウッドで実写映画化

されるようです。株式会社サンライズ米レジェンダリーピクチャーズなどと

共同制作します。実写版ゴジラなどの実績があるのでとても楽しみですね。

 

ということで、気になる内容やネタバレ、配役や主題歌などを

まとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

ガンダム実写映画化で内容をネタバレ!

機動戦士ガンダムのファンからは実写は批判的な意見も多いそうです!

Anime Expo 2018で発表されたとして複数メディアが報じていました。

 

現時点で詳細内容については伏せられていますが

現地では報道機関や関係者向けにプレスリリースが配布されたらしいです。

 

その話題で噂されている内容によると、増えすぎた人口を

スペースコロニーに移住させるようになった宇宙世紀が舞台です。

 

コロニーで暮らす人類は次第に自立を求め、地球の人類に対して

独立戦争を挑みます。人間同士の紛争による哀しみと不和を経て

主人公のみならず敵や周囲の人々の成長が描かれています。

 

しかし実写版機動戦士ガンダムの詳細は控えさせて頂きますとの事で

実際の舞台がどこになるかや主人公、どの場面を映画で再現するかは不明だという。

 

機動戦士ガンダムは、1979年より放送された大人気アニメです。

海外にファンが多く日本に遊びに来た際は、お土産にコスプレや人形を

買って帰るそうです。

 

ハリウッド映画界にも強い影響を与えた機動戦士ガンダムは

実写化するには相当困難な作業だと世界中で思われています。

 

ハリウッドで実写化を手がける「ケール・ボーイター」は、

2019年に公開が予定されている「名探偵ピカチュウ」も手掛けているので

実写化映画の第一人者の彼に託すしかないのかもしれません^^

 

1979年にテレビアニメが放送開始となり、来年で40周年を迎えるのということで

ぜひ大成功して欲しいです。それに個人的にもガンダムはアニメ、ゲーム共に好きなので

公開されたらすぐに映画館に足を運ぼうと考えています!

 

 

ガンダム実写映画化で配役は?

今回ハリウッドで実写化が決定した機動戦士ガンダムですが

日本のアニメーション会社「サンライズ」とアメリカの「レジェンダリーピクチャーズ」

の共同開発により企画が進行中とのことですが・・・

 

気になるキャストは誰になるのでしょうか?

 

公開時期もまだ未公開なのでキャストもまだ発表されていません。

世界的に大きな映画になるのは間違いないので、

おそらく人気有名俳優、女優になるのは間違いありません。

 

”塩顔イケメン”として人気の坂口健太郎や王子様キャラで大人気の山崎賢人

女優ではCMに次々と起用され知名度を急上昇させている吉岡里帆

予想されている。

 

またストーリーのどこを使うかでもキャストも決まるので、

それまで楽しみにおまちください。

 

発表次第、追記します。

 

 

ガンダム実写映画化で主題歌は?

現時点で主題歌はまだ決定していませんが、

かつてSHAHという5人組がレコードを出していたのをご存知ですか?

Shah – “Beware” (Full Album)

ガンダムに因んでつけられた名前なのかは明らかになっていませんが、

噂では彼らに主題歌をとオファーあるとかないとか。噂になっています^^

 

また、今までのガンダムの主題歌で

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェス」のエンディング曲が一番人気があるので、

オルフェスの涙を歌ったMISIAさんに決定する事も十分に考えられます。

MISIA -「オルフェンズの涙」MV

 

こちらも発表次第、追記します!

 

 

まとめ

大人気アニメの機動戦士ガンダムが実写映画化される!

 

しかも来年で40周年を迎えるので期待が高まりますね。

期間も未公開なので、もしかしたらまだまだ先になるかもしれませんね。

2019年の公開を目指しているとの噂もありますが・・・

個人的には、待ち遠しいです。

 

長年愛されているアニメなのでガンダムファンも多いと思いますが

あなたはどのシリーズのどのシーンが好きですか!?

 

もしかしたら実写版でオリジナルストーリーになるのかもしれません^^

 

アニメを観たことがある人は物語の先が見えてつまらない人もいるかもしれませんが

オリジナルストーリーで家族でも見れるファミリー向けの映画になることを

期待しています。漫画の実写化には厳しい声が上がりがちですが、

機動戦士ガンダムはそんな実写化の概念を破った作品になると信じています。

 

ガンダムの実写化には海外の盛り上がりも凄いようですが

まだまだ分からないことだらけで今後の動向が気になります。

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ