ランペイジ巨獣大乱闘(映画)のタイトルの意味とは?面白いところや評価や感想についても

 

映画『ランペイジ巨獣大乱闘』2020年2月29日21:00から『土曜プレミアム

で放送されます。

 

映画『ランペイジ巨獣大乱闘』は、2018年4月アメリカで、日本ではその翌月5月に

公開され、かなり絶賛されました。まだ観ていない方にとっては、その内容がどの

ようなものなのか、気になりますね。

 

ということで今回は映画『ランペイジ巨獣大乱闘』のあらすじ、タイトルの意味、

面白いところ、良い評価や感想、悪い評価や感想についてまとめました。

 

BD/DVD/デジタル【予告編】『ランペイジ 巨獣大乱闘』9.19リリース/8.22

デジタル先行配信

 

スポンサードリンク

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)のあらすじ(内容)

 

 

宇宙ステーションでエナジン社が行っていた生物実験が失敗し、ネズミが凶暴化し、

宇宙ステーションは破壊され、研究員メンバーも惨殺される。

 

なんとか遺伝子サンプルを回収したアトキンズ博士、脱出ポッドで宇宙ステーション

から脱出を試みますが、ネズミによって損傷していた脱出ポッドは、大気圏に耐え

きれずに爆発してしまう。3つの遺伝子サンプルは地球に落下。

 

落下した遺伝子サンプルの近くにいた、ワニとオオカミが影響を受け、巨大化する

という異変が生じてしまいます。エナジン社は事態の収拾を目指しますが、失敗

してしまいます。

 

一方、元特殊部隊で霊長類学者のデイビス・オコイエは以前、密猟者から助けた白い

ゴリラのジョージをサンディエゴの動物保護地区で保護していました。お互い強い絆

で結ばれています。

 

しかし運悪くその遺伝子サンプルは、ジョージのエリアにも落下してしまいます。

このことによりジョージにも異変が生じます。

 

デイビスは、ジョージを助けようとしますが、そこへエナジン社の元遺伝子研究者の

ケイト・コールドウェルが現れ、事情を説明。

 

しかしジョージがさらに巨大化し暴れ出したため、政府に捕まり、デイビスとケイトも

拘束されてしまう。

 

その頃、ワイデン姉弟が動物たちを捕獲するため、動物たちを引き寄せる低周波で

シカゴに誘き寄せようとしていました。しかし政府の輸送機で輸送中のジョージが

低周波を察知し、暴れだし輸送機は墜落。

 

墜落する輸送機からデイビスは、政府の捜査官ラッセルを助け出し、ケイトと共に

なんとか脱出に成功し、救助に来たアメリカ軍と合流。アメリカ軍のブレイク大佐

はデイビスの反対を無視し、ジョージとラルフを攻撃。しかし撃退に失敗します。

 

やがて事態は悪化の一途をたどります。ジョージとラルフはシカゴを襲い、そこへ

ワニのリジーも合流。

 

デイビスは、ジョージを助けるため、ケイトと解毒剤が保管されているエナジン社に

向かいますが・・・。

 

 

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)のモンスター一覧

ジョージ

引用元:公式サイト

 

体長:約12.1m
体重:9.06トン

 

<能力>

・高い知能(手話で人間とコミュニケーションを取れるほど)

・サメの成長が止まらない遺伝子

・シロナガスクジラの成長率

・カブトムシの強靭さ

・チーターのスピード

・トゲマウスの細胞修復能力

 

 

ラルフ

引用元:公式サイト

 

体長:約26m
体重:13.8トン

 

<能力>

・ムササビのように飛べる飛膜

・ビルを飛び越えられる跳躍力

・尻尾からトゲを矢のように飛ばす

・サメの成長が止まらない遺伝子

・シロナガスクジラの成長率

・カブトムシの強靭さ

・チーターのスピード

・トゲマウスの細胞修復能力

 

 

リジー

引用元:公式サイト

 

体長:約68.5m
体重:150トン

 

<能力>

・チタンより硬いウロコ

・車より大きな足の指

・尻尾の先の巨大なスパイクボール

・1,118本もある強力な歯

・サメの成長が止まらない遺伝子

・シロナガスクジラの成長率

・カブトムシの強靭さ

・チーターのスピード

・トゲマウスの細胞修復能力

 

 

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)のタイトルの意味とは?

 

さて映画『ランペイジ巨獣大乱闘』ですが、この『ランペイジ』とは何か?

気になります。調べてみたところ『ランペイジ』とは「暴れまわる」という意味。

怪獣映画のタイトルには、まさにうってつけ!

 

ちなみに本作は、ミッドウェイゲームズの同名ゲームが元ネタになっていました。

オリジナルゲームでは、巨獣(モンスター)を操作し、軍隊と戦いながらビルなど

を破壊していくというもの。また市民や兵士を食べて体力を回復し、モンスターは

基本人間が変異したものという設定です。

 

何れにせよ、モンスターが暴れまわるということですね。

 

 

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)の面白いところ

 

映画『ランペイジ巨獣大乱闘』の面白いところとは、どういったところなのか、

探ってみました。ただ単に派手なアクショものかと思いきや、ファンからの評価は

それだけに留まりませんでした。

 

人間はもちろん、ゴリラへの愛を語る人が少なくなかったのです。

ゴリラに手話ができるという設定も、注目されていました。

 

さらには、鑑賞して感動を覚えたという人もいたほど。これだけでも本作がただの

怪獣映画ではないことが如実に分かることでしょう。

 

 

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)の良い評価や感想

それでは、映画『ランペイジ巨獣大乱闘』に対して、視聴した方は、いったいどの

ような評価や感想を持ったのでしょうか?

たしかにハリウッド映画では、街が破壊されるシーンが目立ちますがそれでもスカッ

とするくらいですからドウェイン・ジョンソンの活躍がうかがい知れるでしょう。

 

 

どうしてもバトルに目が行く本作ではあるものの、このように笑いを誘うシーンも

評判になっています。

 

 

たしかに、タイトルだけだとB級怪獣映画に思えなくもないので、実物とのギャップ

をぜひ、味わってみたいものです。

 

 

アクションがすごい!街が巨大化した動物たちにめちゃくちゃにされて、その巨大動物に立ち向かっていくドウェイン・ジョンソンイケメンでした。

引用元:Filmarks映画

ファンからの評価は、主演のドウェイン・ジョンソンの演技に対するものが高いのが

特徴で、とくに戦闘シーンが好評となっていました。

 

 

ドウェイン・ジョンソンとゴリラがコミュニケーションを取る最強のギャグを懐に抱えている映画。ゴリラの役をドウェイン・ジョンソンにやらせても成立する。

引用元:Filmarks映画

ドウェイン・ジョンソンさんの演技力は説明するまでもないでしょうが、このような

発想は目からウロコですよね。

 

 

CGも綺麗で動物たちも可愛いくてとても楽しめた映画です!

引用元:Filmarks映画

演技やストーリーだけではなく、このように映像面への評価も低くない作品なのは、

特筆に値しますね。

 

 

以上のように、映画『ランペイジ巨獣大乱闘』への評価や感想は、絶賛の嵐となって

いました。様々な観点から見て、これだけ高評価となっていたのは、怪獣ものの作品

としては、異例だと言えるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)の悪い評価や感想

一方、映画『ランペイジ巨獣大乱闘』への悪い評価や感想も気になります。

こちらは、どのようなものだったのでしょうか。

 

しかし驚くべきことに、本作に対する中傷などは、ほぼ見られませんでした。

バトル系であれば、ケチをつけられやすい傾向にありますので、とても珍しい現象

だと言えるでしょう。

 

しかしそんな中でもつまらないという意見が少しだけありました。

 

 

 

ランペイジ巨獣大乱闘(映画)を観たゆうすけの感想・評価

 

近年では『キングコング髑髏島の巨人』『パシフィック・リム: アップライジング

『レディ・プレイヤー・ワン』『トランスフォーマーなど似たような巨大化した

モンスター等が暴れまわる映画が多くみられますが、それだけ需要があるという

ところでしょう。

 

今作もその一つで、正直、内容的には、よくありがちな感じ。

あまり難しいことは考えず、楽な気持ちで観れば十分楽しめる作品。

これぞアメリカ映画って感じで、家族でワイワイ言いながら観るのにもってこい。

 

しかし人間が食べられたりするので、苦手な方は、注意が必要かと。

 

面白いか面白くないかで言えば、面白かった。

アクションも凄かったのですが、ジョージ(ゴリラ)との友情に温かいものを感じました。

 

 

ゆうすけの評価は、星3つです。

 

 

 

まとめ

ということで映画『ランペイジ巨獣大乱闘』について見てきましたが、

いかがでしたか?観た方からも高評価。さすがに観るしかないでしょう。

 

放送は、2020年2月29日『土曜プレミアム』夜9:00から

見逃すわけには、いきませんね。

 

最後まで、ありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ