太陽は動かない(映画)の結末をネタバレ!ラストシーンや藤原竜也演じる鷹野はどうなる?

 

映画『太陽は動かない』が、2020年5月15日(金)に公開されます。

 

藤原竜也さん主演、その相棒役に竹内涼真さん、その他豪華俳優陣のキャスティング

世界を舞台に壮大なスケールと極限のノンストップアクションシーンなどから映像化

不可能とまで言われた吉田修一さんのサスペンス小説が待望の映画化です。

 

ということで今回は、映画『太陽は動かない』の結末をネタバレ、またラストシーンや

藤原竜也さん演じる鷹野一彦はどうなるのかについてもまとめてみました。

 

 

映画『太陽は動かない』【予告1】2020年5月15日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

太陽は動かない(映画)のあらすじ(内容)

 

映画『太陽は動かない』のあらすじですが、今のところまだはっきりした詳細は判明

していません。そこで原作小説より簡単なあらすじ(内容)をご紹介します。

 

AN通信という組織において、エージェントとして働いている鷹野一彦と田岡亮一。

そんな鷹野と田岡は、組織の決まりから24時間ごとに連絡を入れないと、心臓に埋め

込まれた爆弾が爆発するようにセットされています。

 

鷹野と田岡に次世代エネルギーに関するあるミッションが与えられます。

その極秘情報を巡り、鷹野と田岡をはじめ、世界各国様々なエージェントたちによる

壮絶なバトルが繰り広げられていくこととなります。

 

そんな中、鷹野と田岡の心臓に埋め込まれた爆弾の起爆装置が発動します。

タイムリミットが迫ってくる中、鷹野と田岡は生き残るため、数々の困難を乗り越えて

いかなけらばなりませんでした。

 

吉田修一さん原作の映画といえば『悪人』『怒り』『楽園』など、社会派のサスペンス

に定評がありますが、このようなハードなスパイものとは驚きです。スパイものを手掛け

る作家が原作の映画とはひと味違った展開が期待できそうです。

 

 

 

太陽は動かない(映画)の結末をネタバレ

 

南シナ海で発見されたあらたな油田の利権を巡り、中国当局は新源石油の妨害のため

天津スタジアムの爆破テロを企てます。鷹野と田岡はそれを阻止しようとしますが、

失敗に終わります。

 

やがて一連の利権を巡り、そのキーマンとして香港トラスト銀行頭取のアンディ・黄が

浮上します。ところが中国で政変が起こり、香港トラスト銀行の命運もそれと同時に

怪しくなっていきます。

 

次第に焦りだすアンディ・黄。

 

アンディ・黄に残された道は、宇宙太陽光発電の計画を発表してしまうことだけだった。

しかしそれには時間が足りない。そこで一連の技術をないものにしてしまおうと全て海に

葬り去ろうとします。

 

一方、鷹野と田岡は日本を国際社会におけるエネルギー開発で勝たせるため尽力します。

しかし宇宙太陽光発電を今さら見直したのでは出遅れてしまうため、日本の大手電機

メーカーのMETを参加させるよう計画を立てます。

 

CNOXからアンディ・黄を排除すること。

小田部博士を日本にとり戻ること。

新型太陽光パネルを入手すること。が課題となります。

 

やがて懸案は新型太陽光パネルだけとなって、鷹野と田岡は、アンディ・黄の船へ向かい

ました。船内でのバトルに勝利した鷹野と田岡は、アンディ・黄の恋人だったAYAKOらを

助け出します。

 

ところがすでに船が沈没し始め、もはやこれまでかと思われた瞬間、空から助けが来て

一命を取り留めたのでした。

 

 

スポンサードリンク

 

太陽は動かない(映画)のラストシーン

ラストシーンで、鷹野と田岡は、AYAKOについて話ます。なぜAYAKOの動きを掴むことが

できたのか?不思議がる田岡。鷹野は、AYAKOの元へ女のスパイを送り込んでいたことを

話ます。

 

そしてそのスパイとは、AN通信上海支社の記者である青木優

これに田岡は驚きつつも、納得するのでした

 

 

 

太陽は動かない(映画)で藤原竜也演じる鷹野はどうなる?

 

鷹野と田岡は、体内に爆弾を仕込まれるという絶体絶命の窮地にありましたが、難を

逃れました。天津スタジアムで助けたシャマルに、逆に救われたのです。

 

中国当局は、新源石油の妨害のため、ウイグルを刺激することも企てていました。

そしてシャマルは、そのウイグルの実力者。つまり鷹野は、恩に報いてもらった形と

なったわけです。

 

こうして最終的に生き永らえた鷹野は、田岡とともに、ミッションを成功させました。

 

 

少しだけネタバレ!

AN通信でエイージェントとして働く者は、孤児だったり親から虐待を受け、孤児院に

預けられた子供などで、身寄りがなかったり、すでに死亡したように偽装された子供

たちでした。

 

AN通信のエイジェントとして訓練を受け、訓練が終了する年頃になれば、エイジェント

として生きていくのか選ぶことができます。その際、エイジェントを選べば、心臓に

爆弾を埋め込まれ、エイジェントとして働きます。

 

そしてもう一つもし35歳まで生き延びることができれば、自由になることができ、

なんでも好きなものを手にすることができるというルールがあります。

しかし今までに自由になった人間はいません。

 

鷹野や田岡が35歳まで生き延びたのかは分かりません。

小説でも今回のミッションが成功したところで終わっています。

 

小説『森は眠っている』『太陽は動かない』両方を読みましたが、かなり惹き込まれ

ました。登場人物が多くて関連性など少々複雑ではありますが、単純に面白かった。

小説、映画化共に、続編に期待したいです。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

『太陽は動かない』は、かなりスケールの大きく、登場人物も多くその関係性も複雑で

また難しい単語なども出てくる作品ですが、飽きることなく読むことができました。

 

映像化不可能が不可能だと言われた作品の満を持しての映像化ですが、

期待しかありません。

 

公開は、2020年5月15日(金)

どのように魅せてくれるのか楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ