劇場(映画)のタイトルについて考察!原作者又吉直樹の意図やメッセージについても

 

映画『劇場』2020年4月17日(金)に公開されます。

 

本作の原作者は小説『火花』で芥川賞を受賞し、作家として躍進が著しいピースの

又吉直樹さん。又吉さんが描くラブストーリーということでかなり興味深い。

 

ということで映画『劇場』の簡単なあらすじや「劇場」というタイトルについてなぜ

このようなタイトルにしたのか?そして又吉直樹さんの意図やタイトルに込められた

メッセージについても考察してみました。

 

 

映画『劇場』特報 4.17[Fri] ROADSHOW

 

スポンサードリンク

 

劇場(映画)のあらすじ(内容)

 

又吉直樹さんの小説が原作ということもあり、注目度&期待度は相当なものです。

では気になるあらすじですが、公開前ということもあり詳細は明かされていません

でした。そこで原作小説のあらすじを見ていきたいと思います。

 

永田は、中学時代から付き合ってきた野原と演劇の世界で生きてきました。

2人で劇団「おろか」を旗上げし、永田は演出家と脚本家を兼ねて活動していました。

 

ところがそんな劇団「おろか」に対する評価は、散々なものでした。そのため劇団を

退団するものもいるありさま。そんなことも影響してか永田はアルバイトにより、

なんとか暮らしていました。

 

ある日永田は、たまたま自分と同様に画廊を覗いていた女性をナンパします。

突然のことだったにもかかわらず、永田と女性は喫茶店へ入ることになりました。

 

女性の名前は沙希。女優志望者でした。女優になるため上京し、現在は専門学生だと

いうのです。やがて永田と沙希は、同棲生活を始めます。しかし同棲生活といっても

永田が金欠だったため、沙希の家に転がり込むという、ヒモのようなものでした。

 

こうしてスタートした永田と沙希の一見、幸せそうな生活。ところが二人は、次第に

すれ違ってしまうことに。しかしそれは永田が演劇に熱を入れ過ぎていったことも

影響していたのです。

 

又吉直樹さんの小説といえば、『火花』もほろ苦いストーリーでしたが、『劇場』も

この点では同じのようです。とはいえ『火花』の主人公は又吉さんとお同じくお笑い

芸人でしたが、今回は劇団主宰者という人物造形が興味深いところ。

 

さてここで取り上げたのは、あくまで又吉直樹さんの原作小説のあらすじとなりますが

おそらく映画『劇場』も基本的な部分は変わらないと思われます。

 

そして『劇場』は又吉さんが『火花』よりも前に書き始めていて、作家としての原点とも

言える恋愛小説で「恋愛がわからないからこそ、書きたかった」とコメントしています。

 

劇作家を目指す永田に恋をして、必死に支えようとする沙希の生涯忘れることができない

7年間の恋を描いている。

 

 

 

劇場(映画)はなぜこのタイトルになったのか?

 

さて映画『劇場』は『火花』同様、漢字2文字、インパクトのあるタイトル。

それでは、いったいなぜこのタイトルにしたのか?

 

調べてみたものの、具体的に公表されていませんでした。当然インパクトを狙った部分

もあると思われますが、まず主人公永田が劇団を主宰しているということ、そして沙希

が女優志望ということで、お互い演劇に関係しているためだということになるでしょう。

 

そして二人の恋愛模様や生活全てが一つの作品で劇場で開催されているということでは

ないでしょうか。

 

 

 

劇場(映画)のタイトルに込めた原作者又吉直樹の意図とは?

 

それでは、原作者である又吉さんは、映画『劇場』の原作小説のタイトルを決めるに

あたって、どのような意図があったのでしょう。

 

こちらも不明ですが、主人公である永田が劇団主宰者ということも挙げられるでしょう。

『火花』でも、主人公のお笑い芸人が組んでいたお笑いコンビは「スパークス」でした。

そのため、本作でも、そこまで深い意図はなく、シンプルな動機でタイトルがつけられた

のではないかと思われます。

 

 

スポンサードリンク

 

劇場(映画)のタイトルに込められたメッセージとは?

 

ここまで映画『劇場』のタイトルについて見てきましたが、タイトルに込められた

メッセージも気になります。

 

こちらも明確なことは分かりませんでした。

インパクトや主人公の立場もさることながら永田という不器用な男の人生を劇場に

なぞらえた、という解釈もできるのではないでしょうか。

 

演劇を代表するシェイクスピアの名言に「人生は舞台。人は皆役者」というものが

ありますからね。小説にせよ、映画にせよ、人間を描く物語のタイトルとしては、

ある意味、うってつけのものなのかもしれません。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『劇場』のキャストは、全員は明らかになっていませんが、永田役が山崎賢人さん、

沙希役が松岡茉優さんに決まっています。原作者の人気や知名度といったこともさること

ながら、この二人の主人公だけでも期待度や注目度は相当なものになりそうです。

 

公開は、2020年4月17日(金)

人気作家、人気キャストが織りなす、切ないラブストーリーに大いに注目です!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ